婚姻届



婚姻届をいつ提出しようかな…

婚姻届や結婚生活への準備、生活リストはもう大丈夫?婚姻届・結婚式の準備からオリジナルウエディング、花嫁アイテム、結婚後の手続き、新生活まで詳しく解説しています。新生活の用意はこの結婚バイブルでお勉強しましょう!


提出して受理されると、法律上の夫婦になります。
不備があれば受理されないので、入籍日をこだわる方は特に注意しましょう。





届出日
提出する日ではなく、婚姻日になります。

氏名・住所
夫と妻それぞれの氏名を旧姓で、戸籍に記載されている漢字で記入します。生年月日は西暦でも元号でも良い。住所は住民票に記載されている住所を記入しますが、もし婚姻届と転入・転居届を一緒に提出する場合、新住所を記入。

本籍
結婚前の本籍地と筆頭者(戸籍の最初に記載されている人)の氏名。

父母の氏名・続き柄
父母が婚姻している場合は、母は苗字を書かず名前だけOK。離婚している場合は、それぞれの氏名を書きます。死亡している場合も氏名を記入します。
続き柄は、長男・長女は「長」と書き、次男・次女以降は漢字の数字を記入します。

婚姻後の夫婦の氏
婚姻後の姓を決め「夫の氏」「妻の氏」のいずれかにチェック。

新しい本籍
新しい本籍地は日本の土地台帳の記載地ならどこでもOK。遠くにすると戸籍謄本(抄本)取り寄せなど多少不便ですが、郵送でも請求できます。住所と同じ場所にすると便利で、本籍地は後から変更可能。

同居を始めた時
同居を始めた日、挙式を始めた日のいずれかを記入。どちらもまだであれば空欄に。

届出人
二人がそれぞれ、署名捺印します。
印鑑は認印で構わないがゴム印は不可。婚姻前の姓が同じ場合、別々の印鑑(字体の異なる)を用意しましょう。

証人
20歳以上の成年者2人に署名捺印をしてもらいます。成年者であれば誰でも構いません。氏名、生年月日、住所、本籍地を記入してもらう。
夫婦で証人になってもらう場合は、別の印鑑で捺印を。

連絡先
書類に不備があった場合、役所から連絡があるため、日中に連絡がとれる電話番号を記載しましょう。





婚姻届の受付
365日、24時間。夜間は夜間窓口へ持っていけば出せます。ただし、出張所や支所は時間外受付を していないこともあるので、事前に電話確認しておきましょう。


※婚姻届に入力ミスや書類不備があると受理されず、訂正してから正式受理となり、入籍日が変わってしまう可能性もあるので注意しましょう。


事前に窓口でチェックをしてもらっておくといいでしょう。
届出るのは二人揃ってでも、どちらか一方でOK。
代理人が提出しても構いませんが、不備があっても代理人では訂正できません。
誰が提出する場合でも、必ず身分証が必要になります。





婚姻届1通

本籍地以外で提出する場合に必要な書類


自分の本籍地に提出する場合
相手の戸籍謄本(全部事項証明書)・戸籍抄本(個人事項証明書)が必要。

相手の本籍地に提出する場合
自分の戸籍謄本(全部事項証明書)・戸籍抄本(個人事項証明書)が必要。

二人の新しい本籍地に提出する場合
二人の戸籍謄本(全部事項証明書)・戸籍抄本(個人事項証明書)が必要。

※ 郵送で取り寄せる事も可能です。その場合1〜2週間かかるので、早めに準備しておきましょう。

転入届け
届出と同日に新住所にする場合は、転入届を一緒に提出します。同日に出さなくてもOK




>
挙式・披露宴スタイル
> 顔合わせ&結納
> 日取りを決める
> 招待状
> ダンドリスケジュール
> 見積りの読みこなし術
> お礼&お心付の渡し方

>
ウエディングドレス
> ウエディングアイテム
> ブーケ
> 和装衣裳
> メンズ
> 婚約指輪の選び方
> メイク&ヘアスタイル
> ブライダルエステ
> ブライダルフェア

>
ペーパーアイテム
> ウェルカムアイテム
> 演出&BGM選び
> ギフト&引出物

>
婚姻届について
> 新生活の手続き
> 買いモレなしリスト
> 新婚旅行

HomeSite MapAbout usお問い合わせ※当サイト内の文章・写真・イラストの無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright 結婚バイブル 婚姻届 All Rights Reserved.