結婚でのお礼・お心付けの渡し方




教えて!いつ、誰に、いくら渡したらいいの?

結婚式や披露宴は、沢山の人にお世話になります。
その感謝の気持ちを表すために「お礼」や「お心付け」をきちんと渡したいですね。
当日、慌てないために、前もって整理しておくと安心です。





受付や司会など…特別な頼みごとをした方に渡すのが「お礼」
今ドキの傾向をしっかり学んで、当日はスムーズに渡しましょう。



挙式のみ参加してくれた人

・500〜1000円くらいの予算でプチギフトを渡すのがベター。
・両家の家族から渡してもらいましょう。
(※)ご祝儀を頂いた場合、後日内祝いを。


司会を依頼した人
・当日の打ち合わせ前に、「御礼」と両家の名字を並記したご祝儀袋で30000円〜。
・頼んだ側の父か母から渡してもらう。
・仲のいい友人などに依頼する場合もきちんとお礼を。
(※)司会者からのご祝儀は前もってご辞退すると良いですが、頂いた場合お礼を含め50000円〜渡しましょう。

受付を頼んだ友人など
・ポチ袋には「御礼」と頼んだ側の名字を記し3000円〜5000円包む。
・または、感謝の気持ちを込めたプレゼントでもOK
・新郎と新婦側でそれぞれ頼むのが一般的で、当日の受付が始まる前に依頼した側の父か母に渡してもらう。

主賓・乾杯の音頭をとってもらう人
・両家それぞれで用意し祝儀袋には「御車代」と、招待した側の名字を記し、10000〜包む。
・披露宴が始まるまでに両家それぞれの両親に渡してもらう。

遠方からのゲスト
・遠方からのゲストの場合、前もって確認をとりましょう。
・交通費や宿泊費についてはできれば全額負担で、無理であれば事前に事情を説明し半額負担だけでも可。
・当日、受付で記帳を済ませたゲストに「御車代」と記したご祝儀袋に包んで受付から渡してもらう。
・交通手段、宿泊ホテルについて新郎新婦でチケットを用意する場合もあります。
(※) 当日までにリストを用意しておくと良いでしょう。

リングボーイ・フラワーガールをしてくれた子供
・当日のお手伝いをしてくれる子供たちには二人から心のこもったプレゼントを渡しましょう。
・披露宴の最中にプレゼントを贈ると可愛い演出になります。

スピーチ・余興などを頼んだ人
・友人に頼んだ場合、披露宴後または後日二人からの気持ちで、お礼(1000円〜)もしくは記念品を贈りましょう。
・ 新婚旅行のプレゼントを奮発するのもOK





「ご祝儀」または「寿」と記したポチ袋に、新郎新婦の名字を並記して包み、「今日は宜しくお願いします」などの言葉を添えて、仕事を始める前に渡しましょう。



会場担当者       5000〜10000円
□ 美容師         5000〜10000円
着付係         5000〜10000円
□ 司会者         3000〜10000円
カメラマン       3000〜10000円
□ 運転手         3000〜5000円


心付けを辞退された場合
ホテル・式場などではサービス料を取っているため、心付けを辞退されるケースがあります。その場合、「気持ちですから」と再度勧め、それでも辞退されたら引っ込めるのがスマートでしょう。



>
挙式・披露宴スタイル
> 顔合わせ&結納
> 結婚式の日取り
> 結婚式の招待状
> 結婚式の段取り
> 結婚式の見積り
> お礼&お心付の渡し方

>
ウエディングドレス
> ウエディングアイテム
> ブーケ
> 和装衣裳
> メンズ
> 婚約指輪の選び方
> メイク&ヘアスタイル
> ブライダルエステ
> ブライダルフェア

>
ペーパーアイテム
> ウェルカムアイテム
> 演出&BGM選び
> ギフト&引出物

>
婚姻届について
> 新生活の手続き
> 買いモレなしリスト
> 新婚旅行

 


HomeSite MapAbout usお問い合わせ※当サイト内の文章・写真・イラストの無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright 結婚バイブル All Rights Reserved.