結婚式の日取り




ブライダルシーズンの春と秋を希望なら8ヶ月以上前から結婚式の日取りの予約を取っておくのが理想。

二人の大切な結婚式、季節・曜日・時間帯… 
一般的には吉日を選びたいという人も多いはずです。六輝を参考に結婚式の日取り準備期間も考えて検討しよう。
結婚式の日取りはゲストの都合も考慮し、皆に出席してもらいやすい日を選びましょう。





人気があるのは『大安の休日』
しかし、近年では結婚式の日取りは仏滅以外の日であればよいとする人が多くなってきています。

人気のシーズンは『春と秋』
この時期は新郎新婦もゲストにとっても気候も丁度良いので人気があります。逆に、夏や冬は会場が空いてるうえにお得な料金プラン設定を用意している会場もあるので狙い目ですので、結婚式の日取りを考えてみてもいいですね。



■ 六輝について
先勝(せんしょう・さきがち)
午前中は吉、午後は凶となっています。何事も急いで進めることが吉となります。

友引(ともびき)
正午のみ凶。午前、夕方、午後は吉となっています。「友を引く」といい結婚式を行う日としては喜ばれる日です。

先負(せんぷ/さきまけ)
午前中は凶、午後から好転していい方向に向かいます。万事静かにしていると吉となります。

仏滅(ぶつめつ)
一日中凶、一日中が凶なっています。新しく事を起こしたりはしない方がよい日です。

大安(たいあん)
万事が吉となります。何をしても成功する日です。

赤口(しゃっこう/しゃっく)
正午のみ吉、午前・午後は凶なっています。失敗をしやすい日です。


結婚式の日取り選びの注意点
ゲストを招待する上で注意したいのは、仕事が忙しくなる決算期、年度末や盆休み、正月休み、ゴールデンウィークはなるべく避けましょう。

6月はジューンブライドという事で人気ですが、梅雨の為に悪天候の恐れがあるので気をつけましょう。

ナイトウエディングは遠方からのゲストにとって迷惑になる恐れがあるので考慮しましょう。



>
挙式・披露宴スタイル
> 顔合わせ&結納
> 結婚式の日取り
> 結婚式の招待状
> 結婚式の段取り
> 結婚式の見積り
> お礼&お心付の渡し方

>
ウエディングドレス
> ウエディングアイテム
> ブーケ
> 和装衣裳
> メンズ
> 婚約指輪の選び方
> メイク&ヘアスタイル
> ブライダルエステ
> ブライダルフェア

>
ペーパーアイテム
> ウェルカムアイテム
> 演出&BGM選び
> ギフト&引出物

>
婚姻届について
> 新生活の手続き
> 買いモレなしリスト
> 新婚旅行

HomeSite MapAbout usお問い合わせ※当サイト内の文章・写真・イラストの無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright 結婚バイブル All Rights Reserved.