和装 花嫁衣裳・白無垢について




一度は着てみたい花嫁衣裳…
伝統の装いを美しく着こなしてみてはいかがですか?

和装についてご紹介しています。結婚式で花嫁さんが着る花嫁衣裳・白無垢など詳しく説明しています。結婚前に準備しておきたい和装は知っておきましょう。


最近は和装での挙式も注目を浴びてきています。
式以外でもお色直しで白無垢を身にまとい、ゲストやご両親たちに喜んでもらいましょう。





基本的には和装衣裳、小物はレンタルをするのが主流です。





白無垢
和装の花嫁衣裳で最も人気のある和装で、白い打掛を羽織り、全て白一色に揃えます。白=清らか=どんな色にも染まることができる=嫁ぎ先の色に染まります…という意味が込められています。


白打掛け
赤・緑・黒・金など、白以外を用いた華やかな打掛けで、白無垢に劣らない正式な装い。

黒引き振り袖
黒地に模様のある振り袖。裾を長くして引きずるようにして歩きます。





カツラ
文金高島田という結い方のかつらを使用します。

帽子
白無垢・色打掛け・黒引き振り袖の場合、挙式の際は、文金高島田カツラの上から綿帽子か角隠しをかぶります。
「角隠し」=角 を隠して従順に従う。
「綿帽子」=挙式が終わるまで、花婿以外に顔を見せないという意味が込められています。

箱迫(はこせこ )
化粧道具や鏡などを入れる箱迫を胸元のポイント。
箱迫=常に美しく身だしなみを綺麗にする…という意味が込められています。


末広(すえひろ)
「末広がりに幸せになるように」という願いが込められた縁起物の扇で右手に持ち、左手は軽く添えるように持つ。

懐剣(かいけん) 
布袋に入った短剣で帯に挿します。武家の花嫁衣裳の名残で「いざという時は自分で自分の身を守る」という意味が込められています。



草履(ぞうり)
かかとが高いものが正式で、全体のバランスもよくなります。
かんざし・笄(こうがい)
鼈甲・珊瑚・真珠などの髪にさす飾りです。
挙式時には気品のあるべっこうを用いることが多いです。



自分で用意する小物
・襟ぐりの大きなガーゼ地の肌襦袢 ・裾よけ・体を補整するタオル2〜6枚。
・腰ひも4〜6本・着崩れを防ぐ伊達締めという帯。
・帯板は長短1本ずつ・ひも付きの帯枕・白足袋。



>
挙式・披露宴スタイル
> 顔合わせ&結納
> 日取りを決める
> 招待状
> ダンドリスケジュール
> 見積りの読みこなし術
> お礼&お心付の渡し方

>
ウエディングドレス
> ウエディングアイテム
> ブーケ
> 和装衣裳
> メンズ
> 婚約指輪の選び方
> メイク&ヘアスタイル
> ブライダルエステ
> ブライダルフェア

>
ペーパーアイテム
> ウェルカムアイテム
> 演出&BGM選び
> ギフト&引出物

>
婚姻届について
> 新生活の手続き
> 買いモレなしリスト
> 新婚旅行

HomeSite MapAbout usお問い合わせ※当サイト内の文章・写真・イラストの無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright 結婚バイブル 和装 花嫁衣裳・白無垢 All Rights Reserved.