メイク ヘアスタイル




花嫁の好み、ドレスや会場の雰囲気などでメイク ヘアスタイルをイメージしましょう。

メイクやヘアスタイルは結婚には重要です。ドレスに似合うヘアメイクをすることで輝くことでしょう。そんなメイクやヘアスタイル、ドレスに似合うヘアメイクのことについて詳しくご紹介しています。


当日、後悔しないようにメイクリハーサルを行ったり、希望のメイク ヘアスタイルのスナップが掲載されている雑誌の切り抜きを持参していくこともおすすめ。





プロに依頼する花嫁が一般的で、会場内のサロンや出張サービスのあるサロンにオーダー。



当日のメイクはクレンジングから始めるのがほとんどなのでファンデーションはつけていってもOKです。
アイシャドウやマスカラ、色の濃い口紅は落としきれない場合がありますので避けるように。

※顔のシェービングをする場合は剃刀負けの可能性もあるので1週間から3日前を目安に。


『用意しておくと便利なもの』

つけまつげ
目元の演出に欠かせないつけまつげはウエディングメイクではぜひ取り入れたいところ。用意されているものは種類が限られているので気に入ったものを持参しましょう。

リップグロス
用意されているけど思うように質感が合ったものに出会う確率が少ないリップグロス。自分で準備しておけばはげた時にすぐ塗りなおせるので安心です。

眉コート
眉は知らず知らずのうちに消えかかっていることがある。披露宴に限らず眉の薄い人を必携したいものです。





ドレスとヘアスタイルのベストバランスは自分では考えてもなかなかわからないものです。着たいドレス、希望のヘアスタイルが近い先輩花嫁の意見を取り入れてスタッフに相談してみるとよいでしょう。


『髪 型』

アップスタイル
後ろ姿にもゲストの視線が集まるので、アップスタイルの場合はまとめる位置が肝心です。高さを出すほど存在感が増しゴージャスな雰囲気に。低めにすると落ち着いた雰囲気になります。
ダウンスタイル
ふんわりとしたカールをつけたスタイルとタイトなストレートの2タイプ。カールヘアは甘い雰囲気にしたい人にお勧め。少しカジュアルなイメージならば毛先を外側にはねさせた軽快なヘアスタイルも。


『前 髪』

アップスタイル
前髪をあげるスタイルはオールバックのようにスッキリあげるか、真ん中で分けてサイドに流すかの2パターンが代表的です。どちらも顔回りが明るく見えて清潔感がでます。初々しくしたい場合におすすめ。
ダウンスタイル
前髪を下ろせば若々しさが引き立ち人気です。タイトに下ろすとスタイリッシュなイメージになりやんわりカールをつけて下ろすとカジュアルな雰囲気に。顔立ちと下ろす髪の量で小顔に見せる効果も。



>
挙式・披露宴スタイル
> 顔合わせ&結納
> 日取りを決める
> 招待状
> ダンドリスケジュール
> 見積りの読みこなし術
> お礼&お心付の渡し方

>
ウエディングドレス
> ウエディングアイテム
> ブーケ
> 和装衣裳
> メンズ
> 婚約指輪の選び方
> メイク ヘアスタイル
> ブライダルエステ
> ブライダルフェア

>
ペーパーアイテム
> ウェルカムアイテム
> 演出&BGM選び
> ギフト&引出物

>
婚姻届について
> 新生活の手続き
> 買いモレなしリスト
> 新婚旅行

HomeSite MapAbout usお問い合わせ※当サイト内の文章・写真・イラストの無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright 結婚バイブル メイク ヘアスタイル All Rights Reserved.